風俗求人では紹介されないプレイ内容

風俗業界で風俗嬢として働くことは、風俗求人を見るだけではまったく分からない体験をすることになるでしょう。こういった特殊な業界では、やはり自らが進んでなりたいという女性は少ないものですから、多くのメリットを風俗求人の中で表現していることが一般的です。

風俗求人では、曖昧にされているというか、逆にちょっと隠されていることの一つが、やはりお客さんとのプレイでしょう。細かく動画で説明をしているお店もありますが、実際にはもっとハードな内容を求められることも珍しくありません。風俗求人を使い、風俗業界に入った風俗嬢の中でも言われているのが、やはりエッチが下手くそな男性客が多いということです。

風俗店を利用しているのだからと、アブノーマルなプレイを求めてくるタイプでは、エッチが上手で気持よくしてくれるタイプも多いらしいですが、プライベートでは女性にあまり相手にされないお客さんの場合には、やっぱり下手なことが多いらしいです。

下手な男性の多くは、前戯がまったくないといったタイプの男性が多く、会話もコミュニケーションもないままに、いきなり局所に手を突っ込んでくるようなタイプの男性が多いようですね。こういったタイプは、アダルト動画などを見ており、それがバイブルになっていることが多いため、激しめのプレイを敢行していきます。

まだ準備も整っていないのに、激しく指を出し入れしてみたり、ポイントが違っているのにとにかく力づくでプレイをしてくる。こういったお客はハズレです。評判が落ちてしまうかもしれませんが、感じる演技などはせず、痛いものは痛いといいましょう。

こういった男性は女性の感じるポイントは全て同じのように勘違いをしています。こうすれば女性は全員気持ち良いはずだった間違った思考回路を持っているのです。それを指導してあげることも、お仕事の一環なのです。